2007年06月25日

東北沢 チェリー(ね)

ボンジュール。
一滴も酒を飲まないのに、飲み屋が大好きなFUKI@カンニンでございます。

今回は番外編、『グルメ』のジャンルに入れるのはどうかと思うが、

関西人として紹介しないわけにはいかない店

をご紹介したいと思います。



東北沢にある、スナックなんですが、通称『チェリー』
看板にはチェリー(ね)と書いてあります。厳密に言うと、「ね」は、◯で囲まれた「ね」です。(ね)ってなんだ!?

とにかく、飲んだくれの墓場と言いましょうか、基本、飲み屋が閉まる時間まで飲んで、まだ飲みたい様な人がゾクゾクと集まってきます。ハッキリ言って宇宙です。電波、とびまくりです雷



ママの(ママっていうの?)ビンコさんと、癒し系のボーイ、ふくちゃんと2人で基本的に毎日休まず開いてらっしゃるお店です。
営業時間は18時〜翌10時。でも、時々昼くらいまでやってます晴れ

そして、ビン子さんは、創作料理の天才ファーストフード
全ての料理はオリジナリティに溢れています。
友人はいつもお好み焼きを頼んでいたけれど、私はこの間行った時に始めて食べた、スンドゥブがおススメかな。
なんせ、あんなスンドゥブ、食べた事ないですから!!しかも、何だかよくわからんが、美味しい・・・

curry.jpgただし、仲良しカレーは恐ろしいです。(写真参照)
ビン子さんのその日の気分で具が決まるみたいなんだけど、bigboyとよしとゆかたんを連れて行った時にbigboyが頼んだら、凄いもんが出てきました。ご飯にはふりかけかかってます。
私はお腹がいっぱいで一切手をつけなかったけど、皆の食べている様子や残し加減を見てみると、どういうものだったのか、想像はつきました。



さてさて、チェリーとの出会いはかれこれ5〜6年前。
あの頃は若かった事もあり、クラブで朝まで遊んでいた私でありますが、確か恵比寿のMILKで最後まで残って遊んでいたら、ベロンベロンに酔っぱらった友達に
「チェリー行くぞ!チェリーグッド(上向き矢印)」と、何が何だかわからず、ほぼ無理矢理連れて行かれたのが最初です。勿論、行ったその日からチェリーに魅了されてしまいますた。

ハッキリ言って、明るくなってから見るとかなり異様な店構えの為、入るのにかなり躊躇するとは思いますが、私の場合、入る時はいつもまだ薄暗い程度の時間なので、そんな事はスッカリお構い無しで入っちゃいます。なんせ、中はもっと異様ですからるんるん
有り難いお言葉と、凄い情報量の壁メモ目が回ります美容院

で、明るくなって出て来た時に、自分の出て来た店の凄さに毎回驚かされますダッシュ(走り出すさま)
いい加減、学習しろよって、自分でも思うのですが、毎回驚愕してしまう。


そして帰りがけに、ビン子さんとフクちゃんは、いつもお土産をくれます。
昔は、小さいビールと落花生2個だったと思うんだけど、この間、5年ぶりくらいに行ったら、豆乳ドリンクと落花生2つと、ビン子さん直筆のメッセージ貰いました。
そして、後日、「おしゃべりハガキ」が届くのです揺れるハート

シラフの私でさえ、キツネに化かされていたんじゃないか・・・と毎回思ってしまうんだから、酔っぱらいは本当に意味が分かんないんだと思う。そして、足しげく通ってしまうんだと思います。

あ...また行きたいな・・・。






もし、チェリーに行ったら、お手洗いには必ず入ってください。




『自分ファン』


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。